試したくなるお話

6
記事

カラメルの化学「カラメルクリームの作り方」

みんなが好きなカラメルソース。カラメルという言葉はもともとフランス語の「焦げた砂糖」に由来します。今日はカラメルの原理を復習します。

どんな種類の糖でも加熱を続けると熱によって分解されます。この反応が「カラメル化」です。角砂糖(ショ糖)は無味無臭で単一の分子が集まったものですが、熱を加えることで分子構造が壊れて、4000を越える化合物が生成されます。そこに含まれる様々な芳香成分──アルコールやア

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
120

洋食風の濃厚ミートソース

以前、紹介した『食育通信式ミートソース』はイタリアンシェフたちのレシピから平均値を導き出した、いわば平均的なイタリアンの味。日本で独自に進化したミートソースは乾麺に絡むように濃厚なもの。今回は洋食店でたまに見かける正調、日本のミートソースをつくります。

味のポイントとなるのはコクと苦味。ビーフシチューのような仕上がりを目指します。

日本のミートソース
 牛すじ肉 300g
 牛すね肉

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
132

メレンゲの科学『淡雪卵の作り方』

今日はメレンゲが泡立つメカニズムを復習します。つくる料理は「淡雪卵」(ウフアラネージュ)です。フランスでは浮島という意味の「イル・フロッタント」という名前で、アメリカやイギリスなどに行くと英語のフローティングアイラン ドという名前で提供されています。

材料 四人前
卵白 3個分
グラニュー糖 45g
アングレーズソース
カラメルクリーム

アングレーズソースとカラメルクリームの作り方はそれぞれ

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
93

ティーバッグ紅茶の入れ方、コツを2つ

先日、某所から「セブンイレブンの紅茶ダージリンがおいしい」というたれ込みがあり、グルメ探偵としては早速、調査。

販売者は三井農林株式会社とあるので、日東紅茶ですね。ティーバッグの紅茶は普段、気軽に飲んでいると思いますが、注意点が2つあります。

1.お湯の量を一度は量っておく

箱に目安の量が記載されているかと思いますが、基本的にカップ一杯分は150cc〜160cc。

量って注いでみるとこんな

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
96