試したくなるお話

15
記事

マッシュルームとパルメザンチーズのサラダ

先日、マッシュルームは洗ってもよい、という趣旨の記事を書きましたが、その時うっかり

実際はマッシュルームの皮を剥いても、味をしっかりと感じます。

と書きました。それで『皮をむくってどういうことですか?』というコメントを頂いたので説明します。こういうコメント、とても助かります。説明不足ですみません。

わかりやすいようにブラウンマッシュルームを買ってきました。ホワイトマッシュルームでも同様です。

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
242

ハードボイルドスタイルのごぼうのキンピラ

キンピラ記事の続きです。今日は本命、ごぼうのキンピラ。

ごぼう  200g
オリーブオイル 小さじ1
醤油   大さじ2
みりん  大さじ2
砂糖   大さじ1
酒    50cc

ごぼうのキンピラは醤油味が強めです。ごぼうは皮をこそぎ、適当な長さに切ります。

その後、半分に切り、六等分くらいに割ります。ごぼうの千切りは正直、面倒なのでこれくらい太い方が楽ですし、味もこちらの方がいいと思って

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
73

乳製品不使用の玉ねぎのピュレ

アレルギーなど様々な理由から「乳製品不使用で」という料理の需要が増えています。リゾットやスープに乳製品を使わず、クリーミーな味を加えるにはカリフラワーや玉ねぎのピュレを使うのが一般的。今回は玉ねぎのピュレを。

玉ねぎ 大2個(中3個 今回は小5個使用)
レモン汁 小さじ1〜大さじ1 
オリーブオイル 大さじ3
塩    小さじ1/4

まず玉ねぎをオーブンでまるごと焼きます。

オリーブオイルを

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
67

新時代の漬物「糖絞り大根」

ブームの一汁一菜は基本的には汁飯香という構成です。汁と飯についてはフォーカスされる機会がありますが、香の物についてはなかなか取り上げられない寂しさがあります。

日本の漬物の代表格はぬか漬け。ハードルが高いぬか漬けも冷蔵庫が大きくなった現代では取り入れやすくなったのでは、と思っています。ぬか漬けについてはnoteでいずれ記事にします。

今回、紹介するのは糖絞り大根という漬物です。糖絞り大根は近代

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
98

コーンスープ キャラメルポップコーン添えの作り方

今日はコーンスープの作り方をご紹介します。インスタントに慣れた人でも生のとうもろこしからつくるスープの美味しさに目がさめ るはず、、、です。

必要な機材はミキサー。

コーンスープ
 とうもろこし 2本
 水 300cc
 牛乳 150cc~
 バター 20g(または生クリーム大さじ1)
 塩 小さじ2分の1

まずはとうもろこしの準備から。

生のまま実を外してから、加熱

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
108

ナスの揚げびたしをおいしく作る二つのコツ

夏の定番、ナスの揚げびたし。作り置きできるので僕もよく作るのですが、意外とおいしくつくるためのコツ(というか一手間)が知られていないようなので、今日はそれを伝授します。(というとなんだか偉そうですがたいしたことはしてません)

まずは材料です。

ナスの揚げびたし
 ナス   5~6本
 めんつゆ 200cc
 赤唐辛子 1本(種は抜いておく)

めんつゆはこちらの『そばだし』を使います。cake

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
241

トマトのファルシーサラダのレシピ

『つばめグリル』というハンバーグレストランの定番メニューに『トマトのファルシーサラダ』があります。今日はこれをヒントにした再現風メニュー。結構、いい線行っていると思いますが、本物と食べ比べて見てください。

夏にぴったりの冷たいトマトのサラダです。

トマトのファルシーサラダ
トマト 4個
〈ソース〉
ワインビネガー 大さじ2
玉ねぎ 10g
サラダ油 100cc
ケチャップ 1

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
85

完熟トマト、ちょっと変わった食べ方の紹介

完熟トマトはこのところデザートなどでも大活躍。先日、トマトのショートケー キを食べたのですが、生クリームの相性もなかなかいいよう。

今日はそんなトマトと生クリームの意外な相性の良さを発見できるレシピのご紹介です。オリジナルは野菜料理で有名なパリの三ツ星レストラン『arpege』のアラン・パッサール氏による「赤いトマトのサントノレ」です。

まずは材料の紹介から。

(4人前分)
トマト(完熟)

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
123

ジョエル・ロブション風のかぼちゃのクリームスープ

今日はカボチャのピュレスープをつくります。このレシピは先日(8月6日)亡くなったジョエル・ロブションさんのルセットをベースにしたオマージュ料理です。

かぼちゃのポタージュはアメリカ的な料理ですが、さすがにロブションスタイルは洗練された仕立て。アメリカ風との違いは

1,玉ねぎなどは入らず、シュエ(蒸し炒め)もしない
2.繋ぎ(リエゾン)には小麦粉や米などではなく、コーンスターチを使う

こと。

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
147

夏野菜の煮物の作り方~味の組み立て~

夏野菜の煮物といえばラタトゥイユが有名ですが、今日は和風。とはいってもラタトゥイユと味の組み立ては同じです。まずは材料のご紹介から。

材料
茄子 2本 180g相当
ピーマン 4個 100g強
赤ピーマン 3個 100g
かぼちゃ 350g(正味300g)
ごま油 大さじ2
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ3
酒+水 100cc

材料は夏野菜ならなんでもOKですが、かぼちゃのかわりにズッキーニで

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
100