見出し画像

新聞から思う平成

平成元年1月8日の新聞を眺めています。

一面は、御即位された新天皇陛下(今の上皇様)がご公務をされている写真と共に、「平成」元年きょうからの大見出し。併記して、大喪の礼が来月24日に行われることなど。

当時の新聞をみながら、今との違いに気づきます。
社会欄には「娯楽を求めてビデオに殺到」。週末の娯楽テレビ番組が軒並み放送自粛になったので、街の貸しビデオ店の利用者が急増したとの記事です。

もちろん今でもレンタルビデオはあるけど、今ならAmazon prime videoやGYAOなどですぐ好きなのを観られるし。そもそもこの時はビデオテープでしたよね。オンデマンドではないのはもちろん、DVDではない。

突然のように終わった昭和と始まった平成、改元体験戸惑いもの文字が見えます。

JR東日本では切符の券売機の改造を7日の深夜から一斉に行い、8日からほとんどの駅で新表示に切り替わるとのこと。今も券売機はあるけど、SuicaやPASMOなど交通系カードが普及して、切符を買う機会はだいぶ減りました。

求人広告や企業広告をみると、電話番号が変わりました。東京03を例にすると、市外局番・市内局番・加入者番号のうち、市内局番が当時は3桁でした。今は4桁ですね。

そして広告にURLは載ってません。当時にしたら、まだまだ先の話。

全体的にカタカナ英語が少ない気がします。(これはあとで、実際にそうか拾ってみようかな。)

一番個人的に違うのは、当時は宅配で新聞を取ってましたが、今はだいぶ前から取っていません。今日の新聞もコンビニで買ってきました。とはいえ、こうして今の新聞と当時と新聞を並べると、30年の時を経て、可視化されるものがあります。普段ネットでニュース記事を見てますが、こうして観るならまだまだ紙の方がいいなぁと思ってしまうのは、今の子供達にはない感覚なのかもしれないですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までご覧いただきありがとうございます! 現在放送大学でPDFのアクセシビリティを卒業研究中。noteはそのメモを兼ねてます。ヘッダー写真はnzで私が撮影しました。 【ご寄付のお願い】有料noteの売上やサポートはnzクライストチャーチ地震の復興支援に使わせて頂いております。

[謎々]5人でかくれんぼ。2人見つかりました。 残り何人?
10
仕事はウェブアクセシビリティ屋、プライベートではnzでトレランしたくて走っているmoyaです。民間企業勤務後、中央省庁でウェブアクセシビリティ担当。放送大学でPDFのアクセシビリティを卒業研究。電子情報通信学会 正員、ウェブアクセシビリティ推進協会 賛助会員

コメント7件

> 山田太郎さん
こんにちは。「あなたの新聞」結構面白いですよね、餅は餅屋でこういった情報は貴重だなぁと思いながら観てました。

ところでお尋ねの、"高齢者の"視覚特性をシミュレーションできるアプリ、その手のアプリで有名どころは「色のシミュレータ」というものですが、こちらは色覚特性に対するものとなっています。
高齢者を想定すると、全盲や視力低下以外にも、一般的に白濁や視野狭寥、黄変...etcが多かれ少なかれあるかと思います。そこまで対応しているアプリも、数は限られているもののいくつかありますが、どのアプリが優秀かは私も詳しくありません。例えば、SimEyeという有料アプリがあり、白内障や加齢黄斑変性、視野欠損、飛蚊症等の見え方を示しているので、高齢者にとどまらずそのような疾患がある方の特性を一応シミュレートできます。(ただ、そんなに機能は多くないです‥以下にコメント続きます)
(続き)
他には、Aira Vision Simという無料アプリがあります。サポートが英語になっていますが、いわゆるかすみ眼や周辺視野の欠如、網膜剥離などシミュレートできるそうです。こちら、私は使ったことがないのですが、詳しく紹介している方がいらっしゃいますので、URLをはっておきますね。
http://accessibility-tech.blogspot.com/2019/02/blog-post_17.html
こちらを拝読する限り、太郎さんがおっしゃっている使途に近いように思えますが、いかがでしょうか。
なお、miCheckerは総務省が無料で提供している、ウェブアクセシビリティ対応をサポートするソフトですが、仰る通りスマホアプリではありません。また、水晶体透過率を年代別に視認できるようにはなっていますが、細かい設定はできないのでご期待のようなものとは違うと思います。
適格な回答になっていないですね‥お役に立てず申し訳ありません。

もし、使てみて使い勝手のよいアプリがありましたら、ぜひお教えください。私もAira Vision Simは試してみようかなと思います。
moyaさん、早速のお返事ありがとうございます!お返事遅くなりすいません。

2つ見てみて、確かにAira vision simがよりイメージに近そうなので使ってみようと思います。

自分では見つけられなかったアプリなので(仮に見つけても評価なしなので二の足を踏んだかも、、、)、質問させていただいて良かったです。もし私も何かいいものを見つけたら共有させていただきますね。ありがとうございました!
moyaさん、ご無沙汰しております。

最近図解のユニバーサルデザイン強化に取り組んでおり、先日質問させていただいた高齢者の視覚シミュレーションの件で面白いソフトを見つけたので共有します。

●NoCoffee

https://chrome.google.com/webstore/detail/nocoffee/jjeeggmbnhckmgdhmgdckeigabjfbddl

chromeのアドインで、表示しているページをグレア(まぶしさ)、ゴースト(二重にボケて見える)などのフィルタで段階的にシミュレートすることができ、色覚障がいに関しても1型~3型だけでなくそれぞれの強弱もシミュレートできました。

英語なのが少しつらいですが、簡易的なシミュレーターとしては面白いと感じました。参考までに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。